「草小積み」、ご存じですか?

 阿蘇地域世界農業遺産推進協会(草原景観部会・グリーンストック)では、草資源利用の
実証事業「草小積み再生プロジェクト」として地元牧野組合に製作協力いただき、草小積み
を設置しています。
 このページでは、「草小積み」についてご紹介します。

1 そもそも「草小積み」とは 

kusakodumi1 

 

 

 ←これです!

 一言で言うと、干し草を重ねて積み上げたものです。
  冬の間の牛や馬のエサとして利用されます。

 

 

 

 

 

 〈もうちょっと詳しく・・・〉

  昔ながらの草の保存方法で、秋から冬にかけて阿蘇の草原は干し草を保管する場所として
  機能しました。
  農家は必要に応じて干し草を里へ持ち帰り、冬のあいだ畜舎でくらす牛馬のエサや敷料
  (しきりょう)に使いました。そして最後は堆肥にして田畑に施しました。

2 どのように製作するのか?
  kusakari

 

 

 

 

 

 

 

 

① 草原の草を刈る。

tabane

 

 

 

 

 

 

 

② 干した草を束ねる

kodumi

 

 

 

 

 

 

 

③ 草の束を積み上げる。 (48~60束)

tobenose

 

 

 

 

 

 

 

④ トベ(屋根のようなもの)を 一番上にのせる

wawokake

 

 

 

 

 

 

 

 

⑤ 飛ばないように竹の輪をかけて縛る

kansei

 

 

 

 

 

 

 

⑥ 完成!!

 

3 誰が製作したのか?
  阿蘇の農家さんたちです!(今回の草小積み再生プロジェクトにご協力いただいた皆さま)
yamadachubumorimoto

 

 

 

 

 

 

sangabokuyanominasan

 

 

 

 

 

 

machikogabokuya

 

 

 

 

 

 

nawasubokuya

 

 

 

 

 

 

komorigenya

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4 「草小積み」が見られる時期・場所について
  秋から冬の間、阿蘇の草原で見ることができます。
  昔はたくさんの草小積みを見ることができましたが、今では作る方が少なくなりました。

  今年の冬(2018年12月~2019年2月頃まで)はこちらで見ることができます!
  kusakodumimap2018

☆もっと知りたい方は!!
  おすすめサイト:「阿蘇の草原ハンドブック」
  https://www.aso-sougen.com/teaching/03/05/03.html